さよならワキガちゃん|わきが対策総合サイト

ワキガ・体臭の悩みとサヨナラしたい!ワキガ予防と対策の最新ニュースをお届けするサイト

中学生や高校生は、クリアネオでワキガ対策してみよう

      2017/05/17

koukoukurianeo

中学や高校など、いわゆる思春期になると、もともとワキガが遺伝している子供さんは腋臭症を発症します。

それまではワキの臭いなんてなかったのに、ワキガの原因となるアポクリン腺が発達して、そこから出た汗が強い臭いを発するようになるのです。

ワキガの治療にはいろんな方法がありますが、特に効果の高い方法としてはアポクリン腺を除去する手術があげられます。

しかし、中学生や高校生などまだ成人していない年齢で手術をすることはあまりお薦めできません。

思春期のワキガ手術はニオイ再発の危険がある

根本的に臭いの原因を断つには手術しかありませんが、思春期の手術には一つ問題があります。

それはアポクリン腺が未発達なため、手術後数年たって、ニオイが再発する場合があるからです。

そうなってしまうと再度手術をしなければなりませんが、何度もワキの下を切開するとワキの皮膚が薄くなり、手術自体できなくなるケースもあります。

そこまでくるとお手上げで、もはや打つ手はなくなります。切らずに行う「ミラドライ」や「ウルセラドライ」などの熱治療の場合も、思春期にやってしまうと未発達のアポクリン腺が発達したり、完全に破壊しきれていないアポクリン腺が成長期特有の回復力で修復されてしまい、またニオイを発するようになります。

しかし、思春期にワキガを放置したりすれば、それこそイジメの原因にもなりかねません。なんとかしてワキガのニオイを抑える必要があります。

20151105163057

クリアネオ(CLEANEO)

ワキガ・ニオイの原因菌を99.999%殺菌する殺菌成分と、ワキ汗を抑える制汗成分のダブル配合で、ワキの臭いを抑えます。

現在は公式サイトにて約20%オフの4,980円で販売されています。(税込み:約30日分)

ワキガ対策

アポクリン腺が発達しきるまでは、薬でワキガ対策するべき

アポクリン腺が完全に発達するまではデオドラントクリームなどの薬で対策すべきです。

市販のデオドラントスプレーや「デオナチュレ」などのミョウバン系のものでワキガが抑えられれば良いですが、中程度以上のワキガになると、市販薬ではニオイを抑えるのは難しいでしょう。

このような場合には、「クリアネオ」などのワキガ専用のデオドラントクリームで対策してみるべきです。

クリアネオには殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールが配合されています。この成分がワキガのニオイの原因となる常在菌の繁殖を防ぎます。

さらに「完全にニオイを抑えたい!」と望む中学生・高校生の方は、当サイト管理人がおすすめするダブル塗布を行ってみましょう。

ダブル塗布とは、発汗を抑える「塩化アルミニウム液」と菌の繁殖を防ぐクリアネオを両方使用する事で制汗と殺菌を行い、ニオイを強力に抑える方法です。

実際の使い方は

【どれが一番効く?】ワキガ対策に効く薬を徹底比較

の記事で解説しています。

イジメなどつらい学校生活をおくる前に、デオドラントクリームでしっかりとワキガ対策しましょう。

20151105163057

クリアネオ(CLEANEO)

ワキガ・ニオイの原因菌を99.999%殺菌する殺菌成分と、ワキ汗を抑える制汗成分のダブル配合で、ワキの臭いを抑えます。

現在は公式サイトにて約20%オフの4,980円で販売されています。(税込み:約30日分)

ワキガ対策

 - ワキガの対策