さよならワキガちゃん|わきが対策総合サイト

ワキガ・体臭の悩みとサヨナラしたい!ワキガ予防と対策の最新ニュースをお届けするサイト

こんな食べ物がイイ!食事によるワキガ対策

      2016/02/02

4dde0c55ac06a90867eb9ecc44562521_s

以前にもワキガと食事の関係について解説しましたが、今回はワキガの臭いを抑える食べ物について具体的に解説します。

臭いを抑える食品とは?

体が酸性に傾いていると体臭が強くなる傾向にあります。これは汗や皮脂など体から分泌される体液が酸化反応を起こすと不快な臭いに変化する為です。

従って体をアルカリ性へと傾けるアルカリ性食品を食べると、酸性が中和されるため臭いが軽減することになります。

体をアルカリ性に傾けるオススメの食品としては、梅干し、わかめや昆布、椎茸、ほうれん草、大豆製品、緑黄色野菜などです。

肉類だけでなく、これらのアルカリ性食品を適度に摂る事により、血液を「弱アルカリ性」傾向に維持する事が出来ます。その結果、臭いの発生を低減させる事ができます。

ただし、梅干しは強いアルカリ性を持った食品ですが、塩分が非常に高いため、塩分の摂り過ぎには十分注意してください。

その他、体臭予防に効果的なアルカリ食品の一例をご紹介しましょう。

体臭を抑える、アルカリ性の食品たち

まずは非常にアルカリ性の強い食品の紹介です。動物性タンパク質の食材は酸性が強いため、やはりアルカリ性食品と言えば、野菜・穀物・植物性タンパク質の食品群となります。

インゲン豆・大豆・昆布・ほうれん草・バナナ・椎茸

これらはアルカリ性ミネラルの含有量が非常に多く、オススメです。

野菜や果物も基本的にアルカリ性食品が多いので、下記の食品をしっかり摂取する事をおすすめします。

里芋・人参・ジャガイモ・ゴボウ・キャベツ・大根・カボチャ・さつま芋・イチゴ・リンゴ・柿・葡萄・シメジ

またお酒ではワインがオススメです。

結果が出るには時間がかかる

ただし、これらの食品を摂ったからといって、2〜3日程度で結果が出るものではありません。

またアルカリ性食品を多く摂るだけでなく、酸性食品を控える必要もあります。

ある実験ではアルカリ傾向に体質が変わるまで45日ほどかかるといった結果も出ています。気長にコツコツと体質改善に努める必要があるようです。

 - ワキガの対策