さよならワキガちゃん|わきが対策総合サイト

ワキガ・体臭の悩みとサヨナラしたい!ワキガ予防と対策の最新ニュースをお届けするサイト

緊張・ストレスとワキガ【精神性発汗】の関係とは?

      2016/02/02

a7376aee75ae52a592ececf9266dfa77_s

緊張やストレスを受けると体臭がひどくなるのか?医学的には緊張によってニオイが強まることが証明されています。

臭いを強める精神性発汗

普段はあまり汗をかかないい人でも緊張すると手に汗をかく、額から汗が流れ落ちるなどといったものを「精神性発汗」といいます。

特に多汗症の人の場合は服の腋下が汗でびっしょりと濡れ、汗ジミをつくることがあります。

多汗症の場合ですと単に汗臭くなるだけですが、腋臭症をお持ちの場合は、この汗によって急激にニオイの原因菌が繁殖します。

その結果、ワキガの臭いが一段と強まることになります。

このような精神性発汗は主に交感神経が優位の状態、つまり興奮状態になると活発化します。

学校や仕事で緊張する場面などで精神性発汗により腋の下に多量の汗をかくと「ひょっとしてワキガが臭ってるんじゃないだろうか」など不安がつのり、そのれがストレスとなってさらに汗をかくという負のスパイラルに陥ってしまいます。「汗をかいたな」と思ったら出来る限り早めにアルコールシート等で汗を拭き取ってしまいましょう。

深呼吸して気持ちを鎮めることが大事

どうしても緊張してしまう場面というのはありますが、出来る限りリラックスできるように深呼吸などをして心を落ち着けることが大切です。

精神性発汗は「不安」「安心」などの心の状況によって大きく変わってきます。逆に汗をかくことに開き直って気にしなくなったら汗も出なくなった、と言うようなケースもあります。

「汗をかいてしまうのでは?」という不安が実際に発汗を促してしまいますので、あまり気に病まず日頃からリラックスするように心がけましょう。

どうしてもという場合は、お医者様としっかり症状について話してみることで不安が解消することもあります。医療機関への相談も効果的な対応策です。

 - ワキガの基礎知識